富士山バックカントリー

お役立ち情報

富士山バックカントリーはゴールデンウィーク明けがシーズンイン!

先日(2022年5月22日)富士山バックカントリースキーに行ってきました。

山頂直下は強風のためクラスト斜面で200メートルほど高度を下げ、程よい斜面を滑ることができました。

今回も、いつもお世話になっているガイドクラブ KinTouN の峯岸さんのアテンドです。

山頂からの滑走は今回で2度目で、比較的に登りやすく富士山らしい吉田大沢大斜面を滑りました。

アクセスは無料駐車場のあるスバルライン五合目まで行き、夏道の吉田口ルートからのアプローチです。

スバルライン(有料往復¥2,100)からで、以前は早朝の3時から空いてましたが、

現在(時間は確認ください)では6時になってしまいました。

本来なら早朝の5時ぐらいから登りたいんですが、

開始時間が遅くなったことで時間的な余裕がなくなりました。

今シーズンは結構な残雪でコンディションも良好!

今シーズンは、5月中旬に山頂付近で降雪があり、コンデション視察で山頂まで試登した、

峯岸さんの話では、

「 山頂付近はパウダーだったよ!」ということで、今回も期待がもてます!

多分、日本人バックカントリーガイドで一番、富士山に精通しているのは、

間違いなくKinTouNの峯岸さんだと思います。

初めて富士山バックカントリーをする方なら、ぜひオススメのガイドクラブです!

富士山バックカントリースキーで必要な装備

富士山のバックカントリースキーに必要な装備を詳しく動画にしてみたので、参考にしてみてください。

靴で登る方は防水加工の施してある靴で登りましょう!

私の靴はゴアテックスなので平気でしたが、防水のない方は靴下がビショ濡れになってました(汗)

ゴアの靴、もしくは替の靴下は持参しましよう!

SKI NUT CHANNEL

初めての方はガイドクラブで行きましよう

今回のツアーで富士山バックカントリーが、初めての方も参加していましたが、

「 多分、一人だったら途中で下山してた。」とおっしゃってました。

夏と違ってこの時期で、ましてやスキー板とブーツを背負って(10kg以上)の富士山はかなり過酷です!

登りの前半は、登山靴で登りますが 8、9号目あたりから、ブーツにアイゼンをつけての登りになります。

残雪も所々あったりなかったりで、靴で行くかブーツにアイゼンで行くかの判断が難しいです。

残雪があるのでブーツにアイゼンに変えたはいいけど、しばらくすると雪がなくなり、

また靴に履き替えなければならないなど、結構その辺りの判断に迷います。

経験のない方は滑落の危険性もあるので、ガイドさんと行くほうがリスクは軽減できます。

夏とは比べものにならないくらい、この時期の富士山は危険が伴います!

ですが、下りは日本一の山で大斜面を一気に滑り降りれる爽快感は、他では味わうことができません!

SKI NUT CHANNEL

まとめ

今シーズンは既に終わってしまうので、チャレンジしたい方は来シーズンに向けて、

徐々に準備を進めてみてはいかがでしょうか!

その際は、ガイドの方と富士山バックカントリーにチャレンジしてみてください!

誰にでもオススメできるわけではありませんが、人生で1度は経験してみる価値は充分あります!

ご健闘をお祈りします!

コメント

Secured By miniOrange