初心者のバックカントリーでのウェアー選び 〜ベースレイヤー編〜

スキー道具

バックカントリーでのレイヤリング 〜ベースレイヤー編〜

まず、はじめにお伝えしたい重要なことはバックカントリー(以下BCと略)は冬山登山と同じです!

吹雪にれば普通にマイナス20度以上になり、スノーシューなどの登坂用具なしで、深く雪の積もった中を登るのはかなりの体力を要します。

そんな過酷な冬山の条件下でのウェアー選びは、とても重要になります。

レイヤリングとは、レイヤー( 層 )を重ねるといった意味で、要は重ね着のことを指します。

素肌に近い順からベースレイヤー、ミッドレイヤー、アウターレイヤと3つに分かれます。

今回はベースレイヤーを紹介します。

  1. ベースレイヤー 肌に直接着る薄手の肌着(下着とは別です)
  2. ミッドレイヤー( ミドルレイヤー )主に行動着と保温着 (サーマルレイヤー)で、薄手のダウンやフリースにあたります。
  3. 最近では両方の機能を兼ねたウェアーも数多く開発されています。
  4. アウターレイヤー( シェルレイヤー )ゴアテックス素材など、雪などからの濡れや風を防ぐウェアー

バックカントリーでは、重ね着(レイヤリング)が基本

分厚いウェアーなどは細かな温度調整ができないので、BCでは不向きです!

BCでは細かな体温調整がしやすいように、薄いウェアーの重ね着(レイヤリング)が基本になります。

寒い冬山といっても、長時間の登坂時には大量の汗を掻きます。

休憩時に汗で濡れたウェアーのままだと体が芯から冷えてしまい、最悪の場合は低体温症になりかねません!

汗を掻いても素早く放出してくれる素材や保温性の優れたウェアー選びが重要になってきます。

ベースレイヤー

直接肌に触れるベースレイヤーは、ウェアとして重要な役割を担うレイヤーです。

BCの登りでは結構な汗を掻く場面もありますので、汗によるベタつき軽減・素早い発散性・保温性といった同時に3つの機能が求められます。

ユニクロなどのヒートテックなどはゲレンデで使う程度の綿やアクリルと言った素材は、発散性が悪いのでお勧めできません。

BCに最適なベースレイヤーは、素材別に大きく3つに分かれます。
1. メリノウール 2. 化学繊維 3. 天然繊維+化学繊維の3種類です、それぞれの解説とおすすめ商品を紹介します。

サイズ的には揮発機能を充分に発揮させるために、ややタイトなサイズがオススメです!

1. メリノウール

良い点

メリノウールの良い点は、水分を発熱する特性がありとても暖かいのが特徴です。

天然素材で、肌触りが良くニオイが気にならないのが特徴です。

悪い点

化学繊維、天然繊維+化学繊維に比べると汗を乾かす吸水速乾性が遅いため大量の汗を掻く方には、向かないかと思います。

あとは、基本的には値段が高いです。

Smartwool スマートウール メンズ メリノ250ベースレイヤーパターンクルー

素材:ウール100%

デザイン性と機能面を兼ね備えた上質なメーカースマートウール、肌触りの良いメリノ250を使用

保性に優れたロングスリーブクルーアウターとしても使えます。

アイスブレーカー カットソー 200 オアシス ロングスリーブ クルー

素材:ウール100%

cebreaker製品の原材料は、ニュージーランドの契約農家が育てるメリノ種羊の原毛を使用

本格的なアウトドアシーンから日常の保温着まで幅広く活躍します! 

 

2. 化学繊維

良い点

化学繊維、通称「カセン」は軽くて吸水速乾性に優れています。また、ウールに比べると価格が抑えられている商品が目立ちます。

悪い点

メリノなど自然素材に比べると、肌触りはあまり良くなくニオイが気になります。

ノースフェイス エクスペディションドライドット クルー 

素材:Future Dot Fleece(ポリエステル100%)

肌面に撥水加工を施したドライ層を用い、表面は汗を素早く拡散し乾燥させる

吸水層で構成したダブルフェイス構造。

独自のドライ層からドットで汗をかいても肌面の上の接結面を通じ、

スムーズに生地表面に吸水し移行させて乾燥を促します。

ファイントラック ドライレイヤーウォームロングスリーブ グラファイト

素材 : ポリエステル90%、ポリウレタン7%、複合繊維(ポリエステル)3%

ロングセラーアクティブスキンシリーズ後継、さらに高いレベルの温かさと着心地のよさを追求。

かさ高ニットメッシュ構造によって空気層を保持しやすいため、

レイヤリング時の保温性を向上させスキンメッシュの1.5倍の保温性を実現しています。

ミレー アウトドア アンダーウェア

素材 : ドライナミック メッシュ ポリプロピレン66% ナイロン28% ポリウレタン6%

3. 天然繊維+化学繊維

良い点

メリノウールと、ポリエステルやポリウレタンを組み合わせたハイブリッドモデル。ウールの保温性と化学繊維の吸水速乾性を持ち、動きやすい製品が多いのも特徴です。

悪い点

メリノ100%に比べれば、多少はニオイが気にはなります。肌触りも可もなく不可もなくと行った感じです。

Smartwool スマートウール メンズ メリノ150ベースレイヤーロングスリーブ

素材:ウール混

年間を通じて使えるロングスリーブタイプのベースレイヤー、ソフトな着心地に、

ナイロンの耐久性をプラスしています。
「メリノ150」は、スマートウールの中でも最もいろいろな用途に使えるメリノ生地。

ナイロンの芯を取り巻くようにメリノ糸を配することで、よりソフトな着心地で耐久性と形状記憶性に優れます。

ファイントラック メリノスピンライトロングスリーブ

素材 : 63% ポリエステル, 37% コットン

日本メリノウール本来の保温・調湿性と高機能ポリエステルの吸汗速乾加工を兼ね備えているため、蒸れにくく汗を素早く乾かします。

ウールに備わった抗菌消臭機能をさらに強化する加工を施しているため、長期山行でもニオイにくく、繰り返しの洗濯にも高い消臭効果を維持する耐久性も備えています。

スキー道具
kamakuraskierをフォローする
スポンサーリンク
SKI NUT

コメント

Secured By miniOrange