バックカントリー初心者の道具選び 〜三種の神器 その3 ショベル編〜

スキー道具

BC 初心者の道具選び 〜三種の神器 その3 ショベル編〜

ショベルも種類が多くはじめは何を選べばいいか迷いますが、ビーコンやプローブと違い

車がスタックした時や雪洞を作るなど、普段使いできる物なので、

その辺りを踏まえて使い勝手が良く、軽くて丈夫なものがいいと思います。

選ぶ際のチェックポイント!

ショベルを選ぶ際のポイントは、自分が使う用途に応じて選ぶのがポイントになります。

雪洞を掘を作るなど、氷混じりの硬い雪に使う場合は頑丈さと大きさが必要です。

頑丈さと比例してその分 重量も増し、軽さを求めればその逆になります。

イラストレーション / 鎌倉スキーヤー

その他、選ぶポイントは穴を掘る際にショベルの肢側の形状が、角張ったものを選びましょう!

丸形のタイプだと穴を掘る際に足を置いて体重をかけれないので、角張ったタイプがオススメです!

オススメのショベル!

メーカからは種類も多くどれを選べばいいのか迷いますが、

ここではバックカントリーにおいて、作業に適したタイプ軽量コンパクトタイプの2種類に絞ります。

作業に適したタイプ!

bca ビーシーエー B-2 EXT

スノーソー内蔵なので、氷混じりの雪やイグルー作りに最適です!

ブレードサイズ:縦28cm×横25cm シャフト長:59cm 重さ : 900g 35cmスノーソー内蔵

BCA ビーシーエー A-2 EXT

Black Diamond ブラックダイヤモンド エバック9

先端が曲がるので雪洞掘りに最適です!

サイズ:組み立時 98.5cm  収納時 71cm 重さ : 902g

Black Diamond ブラックダイヤモンド エバック9

マムート MAMMUT Alugator Pro

硬化させ陽極酸化処理をしたアルミ製ブレードを使用したシャベル

ブレードサイズ:縦28.5cm×横23.5cm シャフト長:50cm 重さ : 850g

マムート MAMMUT Alugator Pro

BCA ビーシーエー SHAXE SPEED SHOVEL SHAXE

ちょっと変わった、ピッケルにもなるショベル

ブレードサイズ:縦28.5cm×横24cm 組立時:70cm 重さ :654 g

BCA ビーシーエー SHAXE SPEED SHOVEL SHAXE

軽量コンパクトタイプ!

bca ビーシーエー DOZER 1T UL

アバランチシャベル“B-1 EXT”をアップデートさせた定番モデル

ブレードサイズ:縦29cm 組立時:76 cm 重さ : 435g

bca ビーシーエー DOZER 1T UL

ORTOVOX オルトボックス プロフェッショナルライト

bca定番の軽量オーソドックスタイプ

ブレードサイズ:縦27cm 組立時:76cm 重さ :440g

ORTOVOX オルトボックス プロフェッショナルライト

マムート MAMMUT Alugator Light 

硬化させ陽極酸化処理をしたアルミ製シャベルブレード

ブレードサイズ:縦24cm×横21cm 組立時:75cm 重さ : 475 g

マムート MAMMUT Alugator Light 

BC 初心者の道具選び 〜三種の神器 その他

BC 初心者の道具選び 〜三種の神器 その1 ビーコン 編〜

BC 初心者の道具選び 〜三種の神器 その2 プローブ 編〜

コメント

Secured By miniOrange