おすすめファットスキーの選び方【センター幅が90mmでパーク&オールマウンテン】

スキー道具

ファットスキー板3つのセンター幅ごとに分けて紹介

ファットスキー板を選ぶときの基準はおおよそ、板のセンター幅が一つの目安になります!

ファットスキー板は種類も豊富で一度には紹介しきれないので、ここでは3種類のセンター幅ごとに分けて紹介していきます!

(1)センター幅が90mmでパーク & オールマウンテン

2) 1番人気のセンター幅 100〜110mm 前後

3)パウダー専用機のセンター幅 120mm以上

ここでは、2022/23年度モデルのセンター幅90mmのパークやゲレンデトリック、

カービングターンも可能なモデルを紹介いたします。

各メーカーからは、パーク & オールマウンテンで楽しめるモデルが続々とアップデートされてます。

ここ最近ではセンター幅 80〜90mmモデルは、ゲレンデでカービングを楽しむモデルも

続々と登場していますので、そう言ったモデルも紹介いたします。

【パーク&オールマウンテン モデル】

(D-ディメンション トップ-センター-テール幅 R=ラディウス回転半径 板全長 W:重さ)

LINE VISION 98

LINE ビジョン VISION 98

VISION 98 はパークオンリーというよりは、パークもゲレンデグルーミングやパウダーも楽しみたいと言った方にオススメのモデルです。

D-131-98-119 R=18m 179cm W:1515g SIZE:172/179/186

THC 構造で片方1515gと驚くような軽さで、トリックのしやすさはもちろんのこと、グルーミングバーンやパウダーでもカービング要素の強いターンが楽しめます!98mmのセンター幅が滑りの多様性を可能にしてくれます!

SkiEssentials.com

FACTION PRODIGY 1

FACTION PRODIGY 1

ベストセラーとなったPRODIGY 2のセンターを10mm狭くし、

パークや整地でのより正確なエッジコントロールが可能に

D-120 – 88 -112 R=17m 184cm SIZE:164/171/178/184

Fリアルツインチップのパーク専用モデルから、ツインチップ形状を採用しパークを含めたオールラウンド性能の高いモデルをラインナップ。

PRODIGY 2のセンターが10mm狭くなったことで、パークや整地でのより正確なエッジコントロールが可能になった。 コアにはポプラとアッシュをミックスさせることで、

さらにパワフルにストンプする着地に耐えうる強度を確保している!


Skiessentials.com

ARMADA ARV 84

ARMADA ARV 84

コスパも抜群でパークやフリースキーヤーのエントリーモデル!

D-117- 84 -109 R=14.5m 171 cm SIZE:157/164/171

軽量でセンター幅も84mmと扱いやすいので、エントリーユーザーに最適なモデルです。

パークデビューの方、これからスキーを始める人にも扱いやすいモデルになります。

コストパフォーマンスも抜群(定価は税込 55,000円)

今まで一般的なオールラウンド系のスキーを使っていた方にもオススメで、

スイングウェイトが軽く、高速時には足元のしっかり感を感じれる構造になっています!

ARMADA BDOG

ARMADA ビードッグ BDOG

 D-121-94-116.5 R=15m 172cm W:1875g SIZE:164/172/180

アルマダのシグネーチャーシリーズ、言わずと知れたフィル・カサボンのジグネチャーモデル、

よりパークライドにアップデートされました!
今までよりもサイドウォール短く見直したことで、トップとテールがねじれやすくなり、

オーリーやノーリー、バターなどがトリックしやすくなりました。

おまけに2.5インパクトエッジを搭載したことで、ハードなライディングも対応し、

自在なトリックをしたいフリースタイラーにぴったりのスキー板です!

SkiEssentials.com

LINE BLADE

LINE BLADE

ファットスキーでアルペンスキー並のカービングターンが可能なモデル!

D-154 – 95 -124 R=Tight SIZE :169 / 176 / 181

LINE SAKANAよりもサイドカーブを大胆に設定し、魚の骨のようなガスペダルメタルで

ボディを強化し、グルーミングバーンで切れ味鋭いカービングターンが可能なモデルです!

幅広の形状によりパウダーから春の湿雪まで、様々な雪質で優れた操作性を発揮。ゲレンデメインでメインですが、バックカントリーやパウダーも楽しめるモデルです!


STEEP スキー&スノーボードメディア

【ツアーリング モデル】

K2 MINDBENDER 89Ti

K2 MINDBENDER 89Ti

年々進化を遂げるツアーリングモデルで、オールテレーンロッカーを備えた、すべてのコンディションで優れた多用途性を実現しています。

D=130 – 89 -114 mm R=16.6m(182cm) W:1592g(170cm) SIZE:164/170/176/182/188cm

チョイパウや圧雪バーンも楽しみたいなら、Mindbender 89Tiがおすすめです。

他のMindbenderシリーズと同様、Titanal Y-Beam搭載でターン前半のトップの食いつきとターン後半の板の走りを向上させて、圧雪バーンやBCエリアのアイスバーンでも安定と正確なエッジホールドを実現し、非圧雪のパウダーで浮くのに十分な板の太さもあります。


Curated

ELAN RIPSTICK TOUR 94

ELAN RIPSTICK TOUR 94

センター幅は90mm以下ですが、より軽さを重視する方にオススメのモデルです!

D=124 – 94 -109 mm R=17.4 m W:1490g (178cm) SIZE:157/164/171/178/185cm

22−23シーズンからのニューモデル登場! 軽量フリーライドモデルのリップスティックの

ツアーバージョンになります。

新しくカーボンブリッジテクノロジーを採用し、トップシート下、中央にシングルカーボンチューブを配した革新的ソリューションで、超軽量にもかかわらずスキーチップの振動抑制とスキー全長にわたる安定性・振動減衰効果を発揮します!

 

その他のサイズも用途に分けて、解説しているのでぜひご覧ください!

 

1番人気のセンター幅 100〜110mm 前後はこちらから   

パウダー専用機のセンター幅 120mm 以上はこちらから

レディースモデル、ユニセックスのファットスキー特集

コメント