バックカントリースキー道具選び方 ブーツ編〜

スキー道具

バックカントリースキー専用ブーツの特徴

以前ではバックカントリーブーツの種類は、登り重視の「ツアーブーツ」と滑り重視の「アルパインブーツ」の2つに分かれていましたが、

アルパインブーツにウォークモードをつけたアルパインツアーブーツの登場で大まかに3つのブーツから選べるようになりました。

もう一つの相違点は、ツアー用のテックピンに対応してるブーツ通常のビンディングにしか対応できないブーツがあり、最近では両方のビンディングに対応できるブーツもあります。

軽さだけで選ばない!自分が何を求めるかでブーツを選ぶ!

ここ最近でバックカントリーブーツの進化が著しいですが、単に軽さだけでブーツを選ばないのがコツです。

ある程度のバックカントリー経験者なら、ツアーブーツでも使いこなすことはできると思いますが、

バックカントリーをこれから始めたいと思う方は、いきなり軽量のツアーブーツを選ぶのはオススメしません!

理由は、ツアーブーツは軽量化をするために素材自体がペラペラで、ホールド感が頼りなく登りでは重宝しますが、滑る時には非常に頼りなく感じると思います。

また最近主流のアルパインツアーブーツも「登り重視」「滑り重視」に分かれています。

最近はでは、各メーカの開発も進みかなり進化してきましたが、ブーツを選ぶ基準としては

自分が快適に登りたいのか滑りを重視したいのかで 分かれてくると思います。

滑り重視ブーツか、登り重視ブーツを見分ける目安は重量

最近主流のアルパインツアーブーツ「登り重視」と「滑り重視」

大まかな判断材料としては、ブーツ本体の重さで大体は判断できます。

「登り重視」では大体は重さが1、5kg 前後のブーツが多いです。

「滑り重視」では大体は重さが2kg 前後のブーツが多いです。

( 各メーカーのスペックの違いがあり一概には言えませんが、大体の判断材料にはなると思います。)

その他、シェルの硬さやラスト幅は基本的には、通常のブーツを選ぶ時と変わらないと思います。

ビンディングの種類でブーツを選ぶ

これからバックカントリーを始めたいと思っている方は、テックとツアービンディングが両対応できるブーツを選んでおけば間違いはないと思います!

登り重視の軽量ブーツに比べれば多少重いと感じますが、アルペンブーツに比べれば明らかに軽量な上滑りに関してもアルペンブーツに引けをとりません!

オススメ最新のアルパインツアーブーツは、別記事で紹介していますのでこちらからお入りください!

まとめ

ここ最近のブーツは毎年アップデートされていて進化が止まりません!

ツアーブーツでも一昔前の頼りないペラペラ感が最近では、素材の進化でかなり改善されてきて、かなりのレベルまで進化してきています。

正直どれも欲しいものだらけで目移りしてしまいますが、この記事を参考にして戴きご自身にあったブーツを見つけてください!

オススメ バックカントリースキー道具選び 板編〜

スキー道具
kamakuraskierをフォローする
スポンサーリンク
SKI NUT

コメント

Secured By miniOrange