2021〜22 オススメ バックカントリー スキーブーツ

スキー道具

オススメ バックカントリースキーブーツ

ここ数年のツアーブーツの進化は、目覚ましいものがあります!

以前の軽いだけで滑走性の劣るTEC対応ブーツとは違い、軽さと滑走性に優れたブーツが次々と発表されています!

初めてバックカントリーブーツを買う方はタイプ別に選ぶ基準を詳しく解説してますので、

こちら の記事を参考にしてください!

オールマイティーに滑りも登りもバランスよく使用したい方向け

エントリーモデルとして初めての方にもオススメモデル、バックカントリーだけでなくゲレンデ使用にも最適です。

K2 ケーツー MINDBENDER 120

フレックス:120 / W=1675g(26,5cm) / 対応ビンディング:GRIP WALK / TECH

K2 ケーツー MINDBENDER 120

K2 MINDBENDER 120

上のMindbender 130のフレックスを柔らかめにしたモデルで中・上級者向けのブーツ

バックカントリーのエントリーモデルとしても最適な、中・上級者向けの滑り重視な方向けで、フレックス120とソフトにホールドしてくれ、ウォークモードの稼働範囲が広く登りにも楽にこなせます!

フレックス以外は130とほぼスペックは同じで、インナーブーツも熱形成を採用し、ブーツ本体も1675gの軽さと50度まで曲がるウォークモードのおかげで長時間の登りにも最適です!

FULL TILT フルチルト ASCENDANT SC

フレックス:120 / W=1930g(27,5cm) / 対応ビンディング:GRIP WALK / TECH

FULL TILT フルチルト ASCENDANT SC

バックカントリーでもトリックがしたい、フリースキーヤーにオススメのブーツです!

FULL TILT ASCENDANT SC

サミー・カールソンのシグネーチャーモデルで、滑走性能を落とすことなくテックに対応ブーツがほしいという要求に応たオールラウンドツアーブーツ。
取り外し可能なタンなので軽快に登りもこなせて、硬いフレックスの10 / 120のタンを装備しています。
インナーブーツはFT本来のセルフォームのIntuition構造なので、軽量で保温性に優れた快適です!


Full Tilt Boots

FULL TILT フルチルト ASCENDANT APPROACH

滑りを重視したい方

SALOMON サロモン SHIFT PRO 130 AT

フレックス:130/ W=1670g(26,5cm) / 対応ビンディング:GRIP WALK / TECH

SALOMON サロモン SHIFT PRO 130 AT

サロモン初の4バックルバックカントリーツアーリングブーツ!

SALOMON サロモン SHIFT PRO 130 AT

サロモン初の4バックルバックカントリーツアーリングブーツで、ライディングはアルパインブーツと変わらないパフォーマンスを実現!

インナーには、シームレスライナーとセンシフィットにより履き心地も快適です。
さらに、ツーリングブーツ MTNにも採用されている「シュアロック スキーウォーク」を搭載することで、快適なハイクアップを実現しています。

Salomon TV

K2 ケーツー MINDBENDER 130

フレックス:130 / W=1675g(26,5cm) / 対応ビンディング:GRIP WALK / TECH

K2 ケーツー MINDBENDER 130

上級者向けの滑り重視な方向けで、フレックス130としっかりホールドしてくれます。

K2 MINDBENDER 130

アッパー部分に採用されている ” PEBAX “ 素材は軽量と程良い柔軟性を併せ持つ素材です。

従来の上級モデル素材に使われているただ硬いだけの素材とは違い、

粘りのある素材のおかげでパワー伝達をより繊細にコントロール出来る利点があります。

インナーブーツも熱形成を採用し、ブーツ本体も1675gの軽さと50度まで曲がるウォークモードのおかげで長時間の登りにも最適です!

滑走時は”Powerlite TM Shell ”と” Friction Free Pivot”が威力を発揮し、滑りにも満足できるブーツです。

シェル自体も熱形成によるお好みにカスタマイズしやすい機能も搭載しています。

YouTube Patriot Footbeds

TECNICA テクニカ COCHISE 130DYN GW

フレックス:130 / W=1850g (26.5cm) / 対応ビンディング:GRIP WALK / TECH

TECNICA テクニカ COCHISE 130DYN GW

FWTでも多くのライダーが使用しているウォークモード付きモデル。

TECNICA COCHISE 130DYN GW

フリーライドの世界大会 FWTでも多くのライダーが使用しているウォークモード付きモデルです。
土踏まずも熱成型可能なライナーを採用されているのでより自分の足にフィットし、ハードなコンデションでも確実にスキーへパワーを伝達してくれます!

Sport65 TV – Sport65 Shop & Reisen Weinheim

軽量ブーツで登りを重視したい方向け

SCARPA スカルパ F1 LT

W=990g (27cm) / 対応ビンディング::AT,TLT / TECH

SCARPA スカルパ F1 LT

990gの軽量ブーツながら滑走性能も兼ね備えたモデル!

SCARPA スカルパ F1 LT

ツアーリングブーツに求められるのは軽量なことですが、ただの軽いブーツで滑走性を犠牲にしたツアーリングモデルも確かにあります。

スカルパで最軽量の Alienは870gと軽量ですが、 やはり凍ったオフピステなどの過酷な斜面を滑走するには不安があります。

スカルパ F1 LTはその軽量化とホールド性をギリギリの線で確保したモデルになります!


LostArrowTube

SCARPA スカルパ MAESTRALE XT

W=1490g(27,5cm) / 対応ビンディング:AT,TLT / TECH

SCARPA スカルパ MAESTRALE XT

イタリアが誇る登山メーカーが滑走性能と軽さを徹底追求したモデルです!

SCARPA MAESTRALE XT

登山靴で有名なスカルパですがスキーのツアーブーツの歴史も長く、創業当初はシェルの登山ブーツを造っていたこともあり、その独自のノウハウがスキーツアーブーツにもフィードバックされています。

軽量ATブーツのスタンダード・MAESTRALE 2のシェル剛性を高め、滑走性能を高めたモデル。
ウェーブクロージャーバックル、スピードロックプラスなど、シェル材質以外の使用はMAESTRALE2と共通です。

エキスパート向け

LANGE ラング XT3 140 PRO MODEL

フレックス:140 / W=非公表 / GRIP、TEC

LANGE ラング XT3 140 PRO MODEL

プロモデル仕様!ツアーブーツではめずらしいレーシングブーツ並みの140シェルです!

LANGE XT3 140 PRO MODEL

ニューロックシステムにより、機械的にロワシェルとアッパーカフをパワーロスなく、

結合することで優れたパワー伝達を実現した、アグレッシブにダウンヒル性能を導くプロモデル。

ラスト100の幅広目の足型に対応したを採用したモデルで、前傾角や足裏の角度など滑走性能重視の設計になっています。

Patriot Footbeds

DYNAFIT ダイナフィット HOJI FREE 130

フレックス:115 – 130 / W=1,550 / TEC

DYNAFIT ダイナフィット HOJI FREE 130

DYNAFIT HOJI FREE 130

私が尊敬する伝説的フリースキーヤーの ” HOJI “こと Eric Hjorleifsonのシグネーチャーモデル!

北米のフリーライダー達からの熱いリクエストから生まれたモデルで、従来のHOJI シリーズから派生したアグレッシブでパワフルな滑りに対応できる究極モデルです!

シダス製インナーブーツでホールド感もバッグンで、テック、プレート式ビンディングにも対応するソールです。

足元をしっかりと支えるFLEX130など、フリーラーダーの要望を満載した究極モデルです!

これも懐に余裕があれば是非、欲しいブーツです!

まとめ

以上がオススメのブーツですが、用途に合わせて全部買いたいぐらいのいオススメブーツばかりを紹介しました。

予算と用途が合えば間違いなしのブーツばかりですので、ぜひ参考にしてみてください!

ブラボースキー2022年度号でいち早く最新ギアをチェック!

コメント

Secured By miniOrange