おすすめファットスキーの選び方【1番人気のセンター幅100〜110mm前後】

スキー道具

オールラウンドでは100〜110mm前後サイズがオススメ!

今、ファットスキーで一番人気のあるモデルが数多く集まるのが、センター幅100〜110mm前後です!

今回は、センター幅 100〜110mm 前後を紹介いたいます。

ファットスキーが初めての方には、扱いやすいセンター幅の90〜100mm前後というサイズもオススメですが、

朝一パウダーでの浮力がもっと欲しいと思う方は、やはりセンター幅100以上は欲しいところです。

ゲレンデメインに考えれば、朝一でパウダーを堪能した後に荒れた斜面か圧雪バーンを滑るので、

そう言ったコンディションではセンター幅120mm以上の極太ファットスキー は、ただの扱いにくい板になる可能性が大です!

ゲレンデメインのファットスキーは100〜110mmぐらいが、幅広く扱いやすい板になると思います。

実際に各メーカーも一番力を入れているサイズになります。

2021/22ニューモデルを試乗してた様子を YouTube にアップしましたので、よければ参考にしてみてください!

【フリースキー板ニューモデルインプレ 】2021/22年度フリースキー板のインプレッション、野沢温泉スキー場試乗会 Part 1 来季モデルを買う方は参考にしては!?
SKI NUT YouTube CHANNEL

ARMADA STRANGER

ファットスキーが初めての方にもオススメの板です!

L=180cm : D=139-100-121(R=15.8m)(180)W=2100g(180)

カリスマフリースタイルスキーヤー上野雄太さん( 野沢温泉スキー場 COMPASS HOUSE )解説

2021 ニューモデル ARMADA  STRANGER 解説 Yuta Ueno
 参照:ARMADA JAPAN

※アルマダZEROシリーズは小売店保護のため専門店でしか購入できません。

購入希望の方はこちらの取扱店舗からお入りくだい。

アルマダが放つニューカマー「ストレンジャー」(変わり者)名前からして扱いにくい板を

想像してしまいますが(汗)それとは真逆でパウダーからゲレンデカービングをこなせるオールラウンダーな板で、私が感じた印象ではJJとDECLYVTY(BCツアー向け)を足して2で割ったような感じ?

シーズン中はこの板1本あれば充分、と思わせる楽しい板です!

FACTION PRODIGY 3.0

オールマウンテンフリーライドで幅広く対応したモデル!

L=184cm : D=133-106-125 (R=20m) W=2100g(184)

Ski FREERIDE en Savoie !!!
参照:WILD LIFE

FACTION SKI 2021 PRODIGY 3.0 Parade Studio Collab

こちらはスタジオ・パレードがグラフィックを手がけたアーティストコラボモデルです。

豊富なラインナップのPRODIGYシリーズの PRODIGY 3.0 をベースにしたモデルで、トップとテールが長めのロッカー形状で センター幅 106mm、3mmのローキャンバーに設定されたチップ&テールロッカーを採用。

トップスピードでの安定感と操作性の良いターン動作をより引出してくれ、 バックカントリーからゲレンデクルージングまでオールマウンテンに対応できる板です。

VOLKL REVOLT リボルト 104

抜群の扱いやすさでファットスキー 初めての方やトリック主体したい方向け!

L=180cm : D=132-104-122 (R=26.6/21.2/25.1m) W=1920g(180)

Volkl Revolt 104 Quickfire Review | Best Skis 2020/2021
参照:Mpora

VOLKL REVOLT リボルト 104

硬すぎず・柔らかすぎず & 重すぎず・軽すぎず と全てにおいてニュートラルな板です。

意外にも縦に滑らせると板が走り荒れたや面でも以外に行けます。パウダーでの浮力もそれなりですがどちらかと言えばゲレンデメインな感じの板です。

乗り手を選ばないオールラウンドな板に仕上がってます。

Vector glide POLARVE LIGHT / JS

普段は、基礎のカービングスキーからファットスキーを試したい方向け!

L=180cm : D=135-107-125 (R=23m)

-POLARVE-
参照:Vector glide channel

Vector glide POLARVE LIGHT / JS

普段は基礎スキーでカービングを楽しんでいる方で、ファットスキー を考えている方にオススメです。

このモデルでフレックスが硬めのPOLARVE STANDARDがありますが、グルーミングバーンとパウダーでの操作性が抜群な、こちらの軽量のフレックスが柔らかいモデルをチョイスすることで、今までのスキーの概念が変わると思います。

K2 MINDBENDER マインドベンダー 108Ti

上級者限定パウダーエリアを責めるならこの板で決まり!

L=186cm : D=136-108-125 (R=22.9m)

2021 SkiEssentials.com Ski Test – K2 Mindbender 108Ti
参照:Skiessentials.com

K2 MINDBENDER 108TI マインドベンダー

近年のK2は本気度の違いが伺われます!さらなる拡充をはかるため、自社開発工場である「ARC(Advanced Resource Collective)」をシアトル国際空港近くに設立しました!

このARCから製造されるMINDBENDERシリーズは、全12モデルで構成で、「チタナルYビーム」「スペクタクルブレードテクノロジー」「パワーウォール」

とヒーローモノの必殺技か!とツッコミを入れたくなるような3層の構造からなります。

スキーの先端部と中心部のトーションを硬めにし、テールに向かって緩やかになるように設定。

これによって、カービングもスライドも状況に応じて自在に操れるスキーになっています。

ノーズ両側とテールはセンターにとY字に配したチタナールにより、急斜面やディープパウダーでも走る板に仕上がってます!

ATOMIC BENT CHETLER 100

フリースタイルな方にお送りする クリス・ベンチュラーシグネチャーモデル

 L=180cm:D=129.5-100-120mm (R 19.5m)

2020 Atomic Bent Chetler 100 Ski Review
参照:Skiessentials.com

ATOMIC BENT CHETLER 100

パークライドをメインで楽しんでいる方に人気のモデルで、 1台でオンピステ・オフピステのどちらも楽しめるオールラウンダーです。

3D形状のトップとテールでパウダーでの扱いやすさはもちろん、汎用性の高い100mmウェストを採用したモデル。

その他

バックカントリー初心者が練習できるスキー場

フリースタイルのファットスキーは90mm台がメイン

パウダー専用機のセンター幅 120mm 以上はこちらから

おかげさまで大好評!SKI NUT オリジナルグッツはこちらから

コメント

Secured By miniOrange