かぐら・みつまた/田代スキー場 朝一パウダー攻略法

お役立ち情報

かぐら・みつまた/田代スキー場 朝一パウダー攻略法

 

前日の降雪や大雪で上部リフトがしばらく運休した際には、多くのパウダーフリークが押し寄せて朝一パウダーをGETすべく、朝一にしのぎを削るパウダー争奪戦が繰り広げられます。

そこで今回は効率よく、ノートラックをGETする方法をお教えします!

秘訣 その1 和田小屋に泊まる

和田小屋に前日から泊まる!一番確実に朝一パウダーが獲得できる方法ですが、ゴンドラ・リフトがすんなりと定時で開始すれば、いいとこ2本ぐらいしかノートラックにありつけません。

うっかり寝坊などすれば、アッというまに荒れた斜面になってしまいますので、しっかり早起きしてゲートが空くのを待ちましょう。

私が泊まった時は一緒に行った連れが寝坊をして、二番煎じでした。

こうなってしまうとせっかく泊まった意味がなくなります。

秘訣 その2 スケーティングが遅い人とは別行動で後でおちあいましょう!

かぐら、田代は途中に平らな連絡コースがあるので、スケーティングが遅い人と行ったら確実に遅れをとります。

初心者がノートラックにありつけるほど甘い世界ではありません(笑)

後で時間を決めて落ち合うなど、険悪なムードにはならないようにしましょう。

秘訣 その3 あえて田代のパウダーを狙う!

かぐら側よりも多少は人も少なく、途中で距離のある平らな連絡路も出現するので、そこで大体スケーティングの遅い人は脱落していきます。まるでスキークロスの団体版のような感じです(汗)

以下は田代パウダー攻略図です!

その1 田代ローウェーを下車したら、右手奥の田代第1ゲレンデを1〜2本攻略し、そのまま向かい側の第2ロマンスリフトに乗車

その2 下車後は連絡路が開くまで、ここで待機させられて早くついても意味がないので、第1ゲレンデ脇のチョイパウダーを滑っていたほうが、足慣らしにもなります。

私はいつも2本ぐらいは滑ってますが、それでもゲートが開くまで結構待たされます。

その3 田代第1高速リフトまでの連絡コースが結構な距離があり、途中平らになるのでスキーヤーには有利ですが、スケーティングが下手な人はここで遅れます。

その4 田代第1高速に乗り、右側を降りて田代湖コース経由で田代第6ロマンスリフトに乗ります。ここで前のほうならノートラックは確実です!

その5 第6ロマンスリフトで左側に降りて、初めはすぐに荒れてしまう為にチャレンジングバーンを滑ったほうがいいです。

たまにパトロールのチェツクが遅れてゲートが開くのが遅れる場合がありますが、あくまで待ったほうが無難です!

以上、朝一パウダーの攻略法ですが正直 疲れますので私は最近は参加してません、それにバックカントリーエリアに行けば、いくらでもノートラックがあります。

※バックカントリーエリアは適切な装備と登山届が必要です!

装備はかぐら駐車場のパウダーステーションでレンタルもしています。

登山届はパトロール事務所で書き方を教えてもらいましょう。あくまでも自己責任エリアですので、初めはツアーで行くことを強くオススメします。

毎年 経験者でも遭難騒ぎがありますので、軽く考えていると痛い目にあいます!

初めての方は、パウダーステーションが主催している初心者向けのツアーです!ここで体験してみるのが一番オススメです。きっと、かぐらの違った一面があじわえると思います。

のんびりとパウダーを滑りたい方に、穴場のスキー場 情報です!

全国のおすすめ パウダー スキー場

コメント

Secured By miniOrange