登山靴の選び方

登山

登山靴とトレッキングシューズの違い

まずはじめに登山靴とトレッキングシューズの違いについて勘違いされてる方が、多々みられるのでその違いについて説明いたします。

トレッキングシューズの特徴

一番の特徴の違いが靴底の固さの違いで、上のイラストの様に靴底を曲げてみて

簡単に折り曲げれる靴がトレッキング向きで、整備された平坦な道に向いています。

ある程度のやわらかさがあるので、軽量で歩きやすく造られています。

登山靴の特徴

登山靴は上のイラストの様に靴底を曲げられないように非常に硬く造られています。

靴底がやわらか過ぎると足裏に負担が大きいため、岩場などのハードな登山道に向かないため、非常に硬く頑丈な作りになっています。

靴底はつま先に向かって適度なアーチ状になっているため、歩行時に楽に足運びが出来る様に造られています。

3タイプに分けての登山靴選び

ここでは分かりやすいように用途に分けて、3タイプの靴を紹介いたします。

  • 平坦な登山道で整備されていればトレッキングシューズ
  • 1000〜2000m前後は軽量の低登山タイプ
  • 3000m級は本格的な登山靴タイプ

自分の登山スタイルに合わせて、最適な一足をチョイスしてください!

平坦な登山道で整備されていればトレッキングシューズ

ハイキングコースや1000m前後の登山道が整備されている低山ならトレッキングシューズで大丈夫だと思います。

山道に慣れてない方は、ローカットよりはハイカットの靴を選んで、捻挫などにならない様にして下さい。

予算に余裕があれば、ゴアテックス仕様にして蒸れや急な雨に対応できる、仕様の物がオススメです!

オススメのトレッキングシューズタイプ

1000〜2000m前後は軽量の低登山タイプ

低・中登山では、低登山用の登山靴が快適に歩けますのでオススメです!

低登山用の登山靴は一見すると本格的な登山用と見た目は変わらなく見えますが、靴底の固さが本格的な登山用よりは柔らかめになっているのと、

歩きやすくするために靴底に適度にアーチがあり、本体も軽量に造られているので幅広く使用できます。

最近の登山ブームで厳冬期に使用する様な、アイゼン対応の登山靴を夏場で多く見かけますが、アイゼン対応で靴底のアーチがあまり無いために歩きにくく、冬季以外の使用はオススメはしません。

ちなみに私はこの軽量の低登山タイプで、剱岳の早月尾根日帰りピストン、槍ヶ岳テント泊も快適に登山しました!

夏の富士山などは登山道が整備されているので、このタイプが軽量で歩きやすいのでオススメです!

オススメのタイプ スカルパ GTX

アウトドアライターの高橋庄太郎さんオススメで私も使ってるタイプです!

3000m級は本格的な登山靴タイプ

最近では、ヨーロッパの主要ブランドの5000m 級のアルパインモデルが、日本では主流になつていますが、3000m 級の山しかない日本では、ややオーバースペックな感もしますが、日本ではこの辺りが主流になっています。

靴底も非常に頑丈に造られていて、ビブラムソールなどの滑りにくいソールが使われています。

値段もかなり高額になり、靴底も基本的には、2、3年ごとに貼り替える感じになりますが、頑丈にできているので長期的に使用できます。

SCARPA スカルパ リベレライト HD

オススメ登山靴タイプ  スカルパ SCARPA トリオレ プロ GTX

オススメ登山靴タイプ  スポルティバ LA SPORTIVA トランゴテックGTX

登山靴のサイズ選び

トレッキング程度なら、ネットで購入したトレッキングシューズで靴擦れしても絆創膏でお茶を濁せますが、

ある程度の登山をするならショップに行って、実際に履いて購入した方が無難です。

登山靴のサイズを選ぶポイント3点

  • 実際の登山に行く時に履く厚手の靴下を着用
  • 靴紐はしっかりと縛って履きます!
  • 下りを歩く状態で、つま先に余裕を持って動かせるサイズを選びます!

 出来れば下り傾斜のある所に立って( 専門ショップに行けばあります )

 

サイズがキツく指先に余裕がないと、特に下り坂などで爪が当たって内出血してしまいますのでサイズ選びは慎重に!

新品の靴でいきなり登山に行かずに、普段から履いて足に慣らしておくのがコツ!

以上を参考にして頂いて快適な登山をしてください!

コメント

Secured By miniOrange